• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン

コミュニティ

次世代CFO部会(Next CFO Society) 

NextCFOSociety「Next CFO Society」は、将来のCFO人材の育成には各社毎のスキルや課題の伝承のみではなく企業や業界の枠を超えたコミュニティーによる伝承が必要との認識のもと、CFOに求められる幅広い視野や見識、卓越したスキルと倫理観について他社の方々と共に学ぶ機会を提供するものです。

対象者

法人会員より原則として1社につき1名(代理参加不可)

※財務部門の幹部候補として育成したい管理職(課長、部門長クラス)、将来5年から10年を見通して、
 CFO組織の中心メンバーとして育成していきたいと考えられる方をご選出してお申込みください。

※事業法人に所属している方に限定し、金融機関、コンサルティングや会計・財務システムの
 提供会社等の方のご参加はご遠慮頂きます。

参加費:30,000円(税別)

※参加費には、第5回までの全会合の参加、懇親会への参加費用が含まれています。

お申込み

法人会員のメンバーとして登録されている方は、ログインしてお申し込みください。

※法人会員のメンバーとしてご登録されていませんと、申込ボタンが表示されません。
 その場合は、法人会員の責任者に連絡し、法人アカウントよりメンバー登録をお願いしてください。
 法人アカウントへのログインは こちら
※法人アカウントのログインにはIDとパスワードが必要です。

2018年度次世代CFO部会のご案内
企業の持続的成長に求められるガバナンスと財務の視点

コーポレートガバナンス改革を経て日本企業のガバナンス体制には大きな進展があったとはいうものの、いまだ形式的な対応に終始している企業も散見されるとの指摘もある中で、より実質的な面での機能強化が求められています。特に、株主・投資家といった資本市場の視点や変貌する社会情勢を視野に入れ、事業推進力・現場力を高めながらガバナンスを効かせる経営体制の構築には、CFOや財務の視点が何よりも重要です。2018年度の次世代CFO部会は、こうした認識のもと、外部の視点を理論的そして実践的に理解することを目的とします。勉強会のスタイルは、参加メンバー間でのディスカッションが中心となります。次世代CFOの皆様方の積極的なご参加を期待します。

運営体制

matsuda松田 千恵子 氏
首都大学東京大学院 経営学研究科 教授
首都大学東京 経済経営学部 教授
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員

株式会社日本長期信用銀行にて国際審査、海外営業等を担当後、ムーディーズジャパン株式会社格付けアナリストを経て、株式会社コーポレイトディレクション、ブーズ・アンド・カンパニー(旧ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン)株式会社でパートナーを務める。2006年にマトリックス株式会社を設立。企業経営と資本市場にかかわる実務、研究及び教育に注力している。2011年より現職。

公的機関の経営委員等および上場企業の社外取締役、社外監査役を務める。

著書「格付けはなぜ下がるのか~大倒産時代の信用リスク入門」(日経BP社)、「成功するグローバルM&A」(中央経済社)、 「グループ経営入門 第三版」(税務経理協会) 、「これならわかるコーポレートガバナンスの教科書」(日経BP社) 、「コーポレートファイナンス実務の教科書」(日本実業出版社)、「コーポレートファイナンス実務の教科書」(日本実業出版社)等。

東京外国語大学外国語学部卒、仏国立ポンゼ・ショセ国際経営大学院経営学修士、筑波大学大学院企業科学専攻博士課程修了。博士(経営学)

プログラム

セミナー情報

協賛

abeam

このページの先頭へ