• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン

コミュニティ

kansai_title_2

関西における経理・財務に携わる人々の横のつながりを強化し、活性化を図ることを趣旨に、2017年5月に立ち上げた地域独自のコミュニティです。会員相互の交流、相互研鑽の場となるよう、参加者の声をお伺いしながら運営を進めていきます。

・時々の話題のトピックスを取り上げて
・ざっくばらんな雰囲気、懇親の場を取り入れながら、
・参加者が、課題意識の共有や、課題解決のヒントを入手したり、
・考え方の変化等を得られるよう、短時間で濃密なお時間を提供していきます。

他社担当者とのつながりを深め、関西から世界へ、経理・財務の変革推進を果たすべく、
ぜひ、ご参加ください。

» 関連リリース:関西地区友の会を立ち上げ

開催予定

第7回:新しい会計基準「収益認識基準」を知り、とるべき対応を知る!

日時 2018年11月8日(木)
18:15-21:00(開場18:00、懇親会含む)
会場 大阪倶楽部
〒541-0042 大阪市中央区今橋四丁目4番11号
御堂筋線淀屋橋駅/京阪本線淀屋橋駅 9番・10番出口 徒歩5分、
肥後橋駅 5-A出口 徒歩8分
内容 CFO協会主任研究委員で公認会計士の中田清穂氏をゲストとしてお迎えいたします。2018年3月30日に「収益認識に関する会計基準」及び「収益認識に関する会計基準の適用指針」が公表されました。従来の日本の会計制度とは全く異なる、日本の新しい会計基準「収益認識基準」の概要を解説いただきます。企業にとって最も基本となる「売上高(収益)」計上の会計基準がどのように変更されたのか、難しく実務的な対応に悩んでいる経理部門の方々も多いようです。
出荷基準ではなく検収基準が基本となったことや、売上を計上するまでに「5つのステップ」が必要になるなど、従来の日本の会計制度とは全く異なる、日本の新しい会計基準「収益認識基準」の要諦を解説していただきます。
 ・ナゼこのような会計基準が日本で作られたのか
 ・何をさせようとしているのか
 ・「5つのステップ」は何を意味するのか
その本質が理解できるようにするための解説をしていただきます。また、従来の会計処理を変えざるを得なくなるポイントや、法人税や消費税への影響も解説していただきます。
さらに、過度に厳格な対応を避けるために必要な「重要性の判断規準」についても解説いただきながら、参加者同士で意見交換をはかります。
ゲスト

中田 清穂 氏
一般社団法人日本CFO協会主任研究委員 公認会計士
» プロフィール

img_kansai
対象 日本CFO協会会員(個人会員、法人会員メンバー)
定員 30名
主催 一般社団法人日本CFO協会
参加費 お一人3,000円(税込み 3,240円)懇親会費含む
※参加費のお支払いはクレジットカード決済のみとしております。
※お支払いいただきました参加費はご返金いたしかねますので、ご了承ください。

お申込み

協会会員の方はログインしてお申し込みください。

※お申し込みには入会が必要です。
» 入会はこちら

過去の開催

<第5回>

開催概要: 2018年5月25日(金)18:15-21:00(開場18:00、懇親会含む)
@大阪倶楽部
※関西地区会員限定イベント

■主題:
「会社の未来に、どう貢献していくか」

img_kansai■内容:
日本を代表する企業の経理・財務部門での経験から、欧米流の経営スタイルを持つ会社での制度会計・管理会計の経験まで、稀有な経験・キャリアを積まれてきた萬成氏から、これまでの取り組みや、経営をナビゲートする役割をどう果たすか。一歩先の経理・財務のあり方を描くヒントとなるような話題をご提供いただき、ゲスト、参加者同士で意見交換を実施いたしました。

■ゲスト:
萬成 力 氏(株式会社ニフコ 執行役員 財務本部副本部長 兼 財務・経理部長)
» プロフィール

<第6回>

開催概要:2018年8月24日(金)18:15-21:00(開場18:00、懇親会含む)
@大阪倶楽部
※関西地区会員限定イベント

■主題:
「経営改善をリードする管理部門であり続けるために」

img_kansai■内容:
経理・財務部門は、未来に向けた柔軟かつ多様なシナリオを策定し、強いリーダーシップを持ってイノベーションを起こしていくことが求められています。経営改善のアクションを起こすために必要不可欠な経理・財務のリーダーシップをテーマに、ベンチャー、大企業それぞれで改革を起こした水野氏に講演いただき、ゲスト、参加者同士で意見交換を実施いたしました。

■ゲスト:
水野 省三 氏(グリー株式会社 執行役員経営管理本部長)
» プロフィール

このページの先頭へ