• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン

公開セミナー情報

CFOセミナー

» 過去のセミナーはこちら

seminarイメージ

経営・財務に関する様々なテーマにて「CFOセミナー」を月2回、平日夜に開催しています。

時のテーマを一流の講師を交えて行い、セミナーの内容は会員専用サイトにて動画配信しております。会員になられて協会の活動を肌で感じていただく最初のステップに最適なセミナーです。

第264回  
「資金の見える化」から見える日本企業の経営課題
〜仮説・検証の私見〜

印刷する

日     時 2018年05月31日(木)  18:30 ~ 19:30  (18:00 開場)
会     場 Galleria商.Tokyo(東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル1F)
http://www.cuc.ac.jp/access/index.html#marunouchi
定     員 80名
主     催 一般社団法人日本CFO協会
協     賛 千葉商科大学会計専門職大学院 会計ファイナンス研究科
概     要 日本企業のグローバル化の急速な進展に伴い、現在では上場企業の売上・利益の半分が海外源泉となり、実質無借金企業も半数を超える状況となっている。グローバルな財務マネジメントについても、それまでの高価なシステムを保有することなく、すなわちシステムの保有から利用に大きな転換を可能にするクラウドコンピューティングの登場により財務マネジメントの高度化を図る絶好の環境が生まれている。しかしながら、高度化の一丁目一番地ともいえる「資金の見える化」をとっても想定していたような取り組みがみられない。なぜという問いに対して、今回のセミナーでは必要とされる外部環境の変化、また企業内での取り組みへの障害等講師の私見を提示し解決策について参加者の取り組みの一助となれば幸いです。
講     師 大田 研一(おおた けんいち)氏
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員
略     歴 電機メーカー(NEC)の財務30年で海外勤務13年(ニューヨーク)。米国の財務手法を日本に移植(CMS,コミットメントライン、本社ビルの証券化、シンセティックリース等)。2001年から投資銀行、ベンチャー企業、戦略コンサルティング、MOT大学院教授を経て、2008年に株式会社アコーディア・ゴルフの取締役常務執行役員に就任。2010年に退任し、現在は財務コンサルタント、社外取締役、大学兼任講師で活動。
著書:共著で「キャッシュマネジメント入門」東洋経済新報社、2013年
当日資料・ご注意 セミナー資料は、会員専用サイトに前日までに掲載いたします。 事前にご覧いただき、各自ダウンロードして当日お持ちください。
会場での資料配布はございませんのでご注意ください。
個人会員の代理出席は承れません。その場合は一般参加費5,000円を申し受けますのでご注意ください。
※参加費のお支払はクレジットカード決済のみとなります。
※ご入金いただいた参加費につきましては、キャンセル・ご欠席によるご返金は一切お受けいたしておりません。
※開始時間が18時30分からとなっております。ご注意ください。
申 込 期 限 2018年05月28日(月)
金     額 個人会員・法人会員 無料 一般 5,000円(税込)

第265回  
米国医療保険の最新事情
〜コスト抑制・水準把握のためのポイント解説〜

印刷する

日     時 2018年06月07日(木)  18:30 ~ 19:30  (18:00 開場)
会     場 Galleria商.Tokyo(東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル1F)
http://www.cuc.ac.jp/access/index.html#marunouchi
定     員 80名
主     催 一般社団法人日本CFO協会
協     賛 千葉商科大学会計専門職大学院 会計ファイナンス研究科
概     要 世界的に続く医療費の上昇により、多国籍企業が従業員に提供する福利厚生保険コストも増加しています。
 中でも、米国の医療保険は、従業員一人当たりのコストが年間100万円を大きく超えていることに加え、制度が複雑かつ細分化され、日本本社の担当者にとって難解な内容となっています。
 本セミナーでは、「医療保険コスト上昇の背景」、「企業として取りうるコスト抑制策」、「駐在員の医療保障への対応」等、米国進出の日本企業(本社)が押さえておくべきポイントを解説します。
講     師 石田 実(いしだ みのる)氏
マーサージャパン株式会社
保健・福利厚生コンサルティング
マーサー マーシュ ベネフィッツ 部門代表
略     歴 東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒。
1988年日本生命保険相互会社入社。米国での団体保険・401(k)プラン販売、国際間提携、法人領域企画業務等に従事。
2005年ジブラルタ生命保険株式会社入社。新規事業企画、団体提携、小学校・幼稚園での金銭教育セミナー講師等を担当。
2014年7月マーシュジャパン入社。2015年より現職(マーサージャパン兼務)。
当日資料・ご注意 セミナー資料は、会員専用サイトに前日までに掲載いたします。 事前にご覧いただき、各自ダウンロードして当日お持ちください。
会場での資料配布はございませんのでご注意ください。
個人会員の代理出席は承れません。その場合は一般参加費5,000円を申し受けますのでご注意ください。
※参加費のお支払はクレジットカード決済のみとなります。
※ご入金いただいた参加費につきましては、キャンセル・ご欠席によるご返金は一切お受けいたしておりません。
※開始時間が18時30分からとなっております。ご注意ください。
申 込 期 限 2018年06月04日(月)
金     額 個人会員・法人会員 無料 一般 5,000円(税込)

第266回  
史上最高益を出しながらも株価が下がり続ける楽天の国際会計基準

印刷する

日     時 2018年06月21日(木)  18:30 ~ 19:30  (18:00 開場)
会     場 Galleria商.Tokyo(東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル1F)
http://www.cuc.ac.jp/access/index.html#marunouchi
定     員 80名
主     催 一般社団法人日本CFO協会
協     賛 千葉商科大学会計専門職大学院 会計ファイナンス研究科
概     要 1.楽天の会計利益先行率(=株主帰属当期純利益の営業キャッシュフローに対する比率)はなぜ高いのか?
2.楽天の5269億円の無形資産に資産性はあるのか?
3.楽天が計上する3期通算677億円の非上場株式評価益のからくり
4.楽天のプロフィット・センターは、インターネット・サービス・セグメントでは楽天本体のみ、フィンテック・セグメントでは楽天カードのみで、残りの子会社群はすべて楽天本体と楽天カードのコストセンター
5.累積する楽天カードの貸付残高の恐怖
を解説し、なぜ楽天が史上最高益を出しながらも株価が下がり続けるのか、その謎を解明する。
講     師 細野 祐二(ほその ゆうじ)氏
会計評論家
元公認会計士
元KPMG・アジア太平洋地区統括リスクマネジメント・パートナー
略     歴 1953年生まれ。1978年、早稲田大学政経学部卒業。1978年より2004年まで、KPMG日本及びロンドンで会計監査及びコンサルティング業務に従事。2004年3月キャッツ株価操縦事件に連座して逮捕され、2010年最高裁による上告棄却により有罪が確定して公認会計士登録抹消。以後、会計評論家としてコンサルティング業務に従事。
粉飾決算VS会計基準(日経BP社刊)等著書多数。
現在、銀行・証券・電力・ガス・鉄道を除く東証1部上場全1800社の財務諸表分析に挑戦中。その詳細は
細野祐二公式ホームページ参照。
当日資料・ご注意 セミナー資料は、会員専用サイトに前日までに掲載いたします。 事前にご覧いただき、各自ダウンロードして当日お持ちください。
会場での資料配布はございませんのでご注意ください。
個人会員の代理出席は承れません。その場合は一般参加費5,000円を申し受けますのでご注意ください。
※参加費のお支払はクレジットカード決済のみとなります。
※ご入金いただいた参加費につきましては、キャンセル・ご欠席によるご返金は一切お受けいたしておりません。
※開始時間が18時30分からとなっております。ご注意ください。
申 込 期 限 2018年06月18日(月)
金     額 個人会員・法人会員 無料 一般 5,000円(税込)

このページの先頭へ