• お問合わせ
  • ご登録情報確認・変更
  • 会員ログイン
資格認定/検定
企業の財務戦略を担うプロフェッショナルを育成するため、JACFOが最も力を入れてきたのが、高度の専門性を証明する資格の認定と実務スキルを測る検定の実施です。
CFO資格
CFO資格は、企業の経営・財務分野における専門知識を身につけていることを証明する資格です。CFO資格は、そのグレードとジャンルによって4つの資格に分かれています。 CFO資格では、財務実務の専門性を証明する資格として、スタンダードCFO、プロフェッショナルCFO、グローバルCFOの3つの資格認定を行なっているほか、経営管理分野の知識全般(MBA)を身につけていることを証明するジェネラルCFOの資格認定を行なっています。
CFO資格の体系
AFP(米国の財務プロフェッショナル協会)および(一社)金融財政事情研究会と共同で日本CFO協会が認定しているCFO資格があります。
※CFO資格は民間資格で、国家資格、公的資格ではありません。
※CFO®は日本CFO協会の登録商標です。
※CFO資格は日本における財務資格の名称であり、世界各国での財務資格は各国でさまざまな名称で認定が行われています。
検定の詳しい情報はこちら
経理・財務スキル検定 
 
FASS
経理・財務の実務能力を測り、5段階で評価
経済産業省は2004年、経理・財務部門の業務プロセスをフローチャート化し、必要なスキルを網羅した「経理・財務サービス・スキルスタンダード」を策定しました。
その普及・促進を経済産業省から委託されたJACFOが2005年から実施しているのが「経理・財務スキル検定(FASS)」です。
「経理・財務サービス・スキルスタンダード」に示された定型業務について資産・決算・税務・資金の4分野に分けて出題し、その実務スキルを測定。A~Eの5段階で評価を行います。
経理・財務スタッフの専門知識や実務能力を客観的に測る指標として、現在までに多くの企業で活用されています。
検定の詳しい情報はこちら
試験のお申し込みはこちら
FASSグローバルテスト  
FASSグローバルテスト
経理・財務の世界標準スキルを7カ国語で
2015年より、海外法人のスタッフなどに向けたFASS検定がスタートしました。2012年より実施していた「アジア版FASS」をリニューアルしたもので、英語・中国語・韓国語・インドネシア語・ベトナム語・タイ語・日本語の7カ国語に対応。出題範囲を「国の違いに関わらず標準的に求められる基本スキル」に限定しており、経験の浅い経理・財務スタッフの基礎固めにも使えます。
検定の詳しい情報はこちら
試験のお申し込みはこちら
経理事務エキスパート認定講座
 
経理事務パスポート検定  

PASS
経理の実務知識に的を絞った新資格

2013年からスタートした「経理事務パスポート検定(PASS)」* はJACFOが株式会社パソナと共同開発した資格認定講座。「経理・財務サービス・スキルスタンダード」の中から経理の実務担当者に求められる経理知識に限定してそのレベルを測り、1~3級の資格を認定します。
学習や認定試験はすべてeラーニング。業務に直結する実践的知識が無理なく学べるので、経理の実務担当者はもちろん、経理知識を必要とする他部門の事務スタッフや、キャリアアップをめざす派遣スタッフ、経理の基礎を学びたい新入社員など、多くの人が活用できる資格認定講座です。
*「経理事務エキスパート検定」から名称変更しました。

PASS検定の詳しい情報はこちら