• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン

イベント情報

第3回デジタルファイナンス・フォーラム2021 オンライン

digital_finance_forum_2021_title_2

コロナ禍において、企業経営は長期的な視点に立った抜本的な見直しを余儀なくされていますが、その中でも大きくその存在感を高めているデジタルテクノロジーが、今後の企業経営を支える根幹としてその重要性が認識されています。ITに支えられたリアルタイムな経理処理の業務が実現するようになった現在、徹底した業務標準化を推し進めてデジタル時代にふさわしい業務基盤を構築することに加え、過去の結果分析や短期の予実分析を越えて、将来の事業ストーリーをもとに企業価値を高める企画・実行力が求められています。

第3回目となるデジタルファイナンス・フォーラムでは、コーポレート機能における世界のDX戦略のトレンドを共有すると共に、先進的な取り組みを続けているCFOや経理・IT幹部、専門家の方々にご登壇頂くことで、CFOや経営管理部門が経営情報を経営判断に生かす体制を進めるためのヒントをご提供したいと思います。

DAY1 変化への対応を可能にする経営管理基盤の構築

日時 2021年2月24日(水) 15:00~18:00
方法 ZOOMを使用したオンライン・ウェビナー形式
対象 企業のCFOおよび経営企画、経理・財務部門の幹部・管理職
※事業法人に所属している方に限定し、コンサルティングや会計・財務システムの
 提供会社等の方のご参加はご遠慮頂く場合がございます。

プログラム

15:00 ‐ 15:20 オープニング

「先読みのできない時代に~CFOを取り巻くパラダイムシフト」

近年、例を見ないレベルで企業の力や経営指針が厳しく問われることとなったCOVID-19の感染拡大による危機的状況。しかしそれ以前からCFO組織は先読みのできない時代に対応するため高いレベルのデジタル化を実現し、機動的で成長力のある組織を構築することが求められている。OracleがAICPAとCIMAが共同で組織した世界の管理会計組織と協働でリリースしているホワイトペーパーに触れつつ、世界の経営管理基盤の動向についてご紹介する。

櫻田 修一 氏
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員
株式会社アカウンティング アドバイザリー マネージングディレクター
公認会計士

» プロフィール

15:20 ‐ 15:40 講演

「グローバル企業における改革ケース ~オラクル・コーポレーションの取り組み~

世界第2位の企業向けIT企業に成長したオラクルは、オラクルが提供するクラウド・アプリケーションを経営管理基盤として活用する世界最大のユーザ企業のひとつでもある。
企業買収後の統合やビジネスモデルの多様化、直近のコロナ禍での業務態勢の変更といったオラクルにおける変革と変容の歴史の中で、ビジネスと日々の業務を支える経営管理基盤がどのように進化していったのか・しているのかについてご紹介したい。

前川 敦 氏
日本オラクル株式会社 常務執行役員
» プロフィール

15:40 ‐ 16:30 講演

「グループ経営インフラとしてのDX体制構築に向けて」

KDDIは、通信を中心に周辺ビジネスを拡大する「通信とライフデザインの融合」をより一層推進し、国内はもとよりグローバルにおいても、5G/IoT時代における新たな価値創造を実現するため、持続的な成長を目指している。子会社の業績寄与度がアップし、グループ事業管理の重要性が増しているKDDIの、ファイナンス部門の体制構築とDXの取組みについて紹介する。

最勝寺 奈苗 氏
KDDI株式会社 執行役員 コーポレート統括本部経営管理本部長
» プロフィール

休憩(10分)

16:40 ‐ 18:00 パネルディスカッション

「変化への柔軟な対応を可能にする経営管理基盤の構築」

グループ経営管理基盤の構築が日本でも問われるようになってから20年が経過した。しかし日本CFO協会の財務マネジメントサーベイから多くの企業が経営管理に関する課題をいまだ抱えていることが判っており、その課題はコロナ禍により浮彫りとなっている。CFO組織が担う「変化への対応」とは何か、コロナ前後での変化について、そして先読みのできない時代の経営管理の在り方と実現するテクノロジーへの取り組みについて討議する。

パネリスト(ご氏名五十音順)
最勝寺 奈苗 氏
KDDI株式会社 執行役員 コーポレート統括本部経営管理本部長
» プロフィール

橋本 勝則 氏
元 デュポン株式会社 取締役副社長
東京都立大学大学院 経営管理学科特任教授

» プロフィール

前川 敦 氏
日本オラクル株式会社 常務執行役員
» プロフィール

モデレータ
櫻田 修一 氏
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員
株式会社アカウンティング アドバイザリー マネージングディレクター
公認会計士

» プロフィール

DAY2 デジタル時代の未来志向の経営管理とFP&A

日時 2021年3月22日(月) 15:00~18:00
方法 ZOOMを使用したオンライン・ウェビナー形式
対象 企業のCFOおよび経営企画、経理・財務部門の幹部・管理職
※事業法人に所属している方に限定し、コンサルティングや会計・財務システムの
 提供会社等の方のご参加はご遠慮頂く場合がございます。

15:00 ‐ 15:20 オープニング

「経営管理における「デジタル・テクノロジー」に、今、求められているもの」

経営管理に関して「FP&A (Financial Planning & Analysis)」が果すべき役割の根幹には、(1) 経営意思決定における「真のビジネスパートナー」であること、および (2) 組織目的の達成における「マネジメントコントロールシステムの設計者および運営者」であることの二つがある。グローバル企業における経営管理において、「デジタル・テクノロジー」に今、何が求められているかを、FP&Aの二つの側面、「組織としてのFP&A」および「プロフェッショナルとしてのFP&A」から紹介する。

石橋 善一郎 氏
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員兼FP&Aプロジェクトリーダー
» プロフィール

15:20 ‐ 15:40 講演

「経営管理における世界のトレンド」(仮)

前川 敦 氏
日本オラクル株式会社 常務執行役員
» プロフィール

15:40 ‐ 16:30 講演

「Yahoo! JAPANからZホールディングスへ」

Yahoo! JAPANは、サービス基盤をスマホにシフトし、ECやPayPayの開始、ZOZOの子会社化や、LINE統合など事業を拡大してきた。直近3年間の成長力を取り戻すための取り組みをCFOの視点で伝える。
一般的にCFOは、ROEやROIC、利益率など、資本効率や収益性の向上が重要なミッションである。一方で、変化の激しい事業領域に身を置くネット企業のCFOとしては、短期的な収益の悪化をコントロールしながら、未来を創ることが最も重要である。そのためにCFO組織が為すべきことを伝える。

坂上 亮介 氏
Zホールディングス株式会社 常務執行役員 最高財務責任者(GCFO)
ヤフー株式会社 取締役 常務執行役員 CFO(最高財務責任者)

» プロフィール

休憩(10分)

16:40 ‐ 18:00 パネルディスカッション

「デジタル時代の未来志向の経営管理とFP&A 」

経営管理に関して「FP&A (Financial Planning & Analysis)」が果すべき役割の根幹には、(1) 経営意思決定における「真のビジネスパートナー」であること、および (2) 組織目的の達成における「マネジメントコントロールシステムの設計者および運営者」であることの二つがある。グローバル企業における経営管理において、「デジタル・テクノロジー」に今、何が求められているかを、FP&Aの二つの側面、「組織としてのFP&A」および「プロフェッショナルとしてのFP&A」から討議する。

パネリスト(ご氏名五十音順)
小川 康 氏
インテグラート株式会社 代表取締役社長
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員

» プロフィール

坂上 亮介 氏
Zホールディングス株式会社 常務執行役員 最高財務責任者(GCFO)
ヤフー株式会社 取締役 常務執行役員 CFO(最高財務責任者)

» プロフィール

前川 敦 氏
日本オラクル株式会社 常務執行役員
» プロフィール

モデレータ
石橋 善一郎 氏
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員兼FP&Aプロジェクトリーダー
» プロフィール

※注意:プログラムの内容は事前のご案内なく変更となる場合がありますことをご了承ください。

お申込み

参加費
(税別)
日本CFO協会会員 5,000円

特別ご優待
2,000円

一般 8,000円

特別ご優待
5,000円

特別ご優待
ご協賛企業にご登録された情報をご提供することに「同意」頂ける方は
以下の「特別ご優待キャンペーンコード」をお申込みの際に
ご入力いただくと上記の通り参加費3,000円割引となります。

特別ご優待キャンペーンコード PZK2021

※お支払はクレジットカード決済のみとなります。

※2日間全てのプログラムへご参加頂けます。ご参加方法などのご案内は、
 開催前にご登録頂いているメールアドレス宛にお送りします。

※本イベントの録音・録画は固くお断りしております。
 また、報道関係者の方につきましては、情報収集目的またはイベント全体の内容を記事等で
 ご紹介される場合を除き、個別の講演者の講演内容を記事等への紹介は固くお断りしております。

このページの先頭へ