• FAQ/お問合わせ
  • マイページ
  • 会員ログイン

イベント情報

第4回デジタルファイナンス・フォーラム2021 オンライン

digital_finance_forum_title_3

コロナ禍で加速したデジタル化は社会構造・消費構造を変え、企業行動・企業戦略も大きな見直しを余儀なくされています。現在起きている変化がどのように進んでいくか、今後の経営環境の変化をとらえ、人材、リーダーシップといった本質をとらえなおし、それにふさわしい戦略、組織を再構築していくことが不可欠です。

こうしたビジネス環境の大きな変化に対応するには、コーポレート部門がリーダーシップを発揮し、既存の事業戦略や事業オペレーションに捉われることなく需給状況やサプライチェーン、コスト構造といった企業活動全体を可視化し、柔軟な経営体質を構築することが重要です。

今回のデジタルファイナンスフォーラムでは、経理・財務部門にとどまることなくコーポレート機能といった全社的視点から企業経営を可視化し、業務の再構築を可能にする経営管理基盤の構築に向けた手掛かりをご提供します。是非ご参加ください。

DAY1 デジタル時代の経営・財務マネジメント
企業の規模を問わず、全てのコーポレート部門の方に最適!

日時 2021年11月25日(木) 13:00~16:30(開場 12:50〜)
方法 ZOOMを使用したオンライン・ウェビナー形式
対象 企業のCFOおよび経営企画、経理・財務部門等コーポレート部門の幹部・管理職
※事業法人に所属している方に限定し、コンサルティングや会計・財務システムの
 提供会社等の方のご参加はご遠慮頂く場合がございます。

プログラム

13:00 ‐ 13:20 オープニング

デジタル時代の経営・財務マネジメント
-テクノロジーで実現できる全社最適の経営管理体制の構築-

VUCAの時代そしてESGに象徴される今、企業価値の向上のためには社会・経済・顧客の変化を先取りし、ビジネスそして事業構造を絶えず変化させることが求められる。データにより企業内外の状況を把握、経営意思決定を行い、成長・差別化領域に投資を集中する、他方、取引処理や定型業務など非差別化領域のコストは相対的に低減させるという全社最適の経営管理体制の再構築の必要性に直面している企業も少なくない。企業活動を支える基幹システムの視点からのアプローチについて概説する。

櫻田 修一 氏
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員
株式会社アカウンティング アドバイザリー マネージングディレクター
公認会計士

» プロフィール

13:20 ‐ 14:10 基調講演

AI時代に輝く「働き方」と「会社づくり」のヒント

コロナ禍で急速に進んだデジタル/AI化の波。
これらの変化は、企業を取り巻く経営環境にも大きな変革を与えた。
2020年の拙著『パラダイムシフト』執筆にあたって行った、変革に関する調査やトップリーダーへのインタビューをベースに、現在の日本で求められる意識変革や、その中での組織や人材、リーダーシップの在り方の再構築について語る。

ピョートル・フェリクス・グジバチ 氏
プロノイア・グループ株式会社 代表取締役
株式会社TimeLeap 取締役

» プロフィール

14:15 ‐ 14:55 講演

中堅グローバル企業のDXへの挑戦
~連結決算システムの導入事例から~

駅や百貨店で靴修理や合かぎ作製を手掛ける「ミスターミニット」は、実はヨーロッパ由来のグローバル企業。日本・オセアニア・東南アジアに展開する当社が、2021年4月に連結決算システムであるOracle Financial Consolidation and Close (FCC)を稼働させた。初めてのグローバルITプロジェクトを通じて得られた効果だけでなく、「クラウド」・「脱エクセル」をキーワードに、中堅企業のDXの進め方を議論する。

佐々木 謙一 氏
ミニット・アジア・パシフィック株式会社 経営企画部長
» プロフィール

14:55 ‐ 15:35 講演

経理・財務部門が考えておくべきDXの潮流

経理・財務部門がDXに取り組むとき、単に単体・連結財務の工数を効率化/自動化することだけを目的とすべきではない。変化が激しいデジタル時代には経営の意思決定に必要な全社の情報を提供するCFO組織への変革が求められている。需要/供給計画などの非財務データを集め、将来の変化によるファイナンス影響度を読めるよう考慮しておくことが肝要だ。データ中心の弊社クラウドERPを題材にDX実現のポイントを紹介したい。

中島 透 氏
日本オラクル株式会社
クラウド・アプリケーション事業統括
事業開発推進部 ディレクター

» プロフィール

15:40 ‐ 16:30 ディスカッション

今、改めてグローバル経営管理とバックオフィスのDXを考える
~テクノロジーによる経営管理基盤の構築~

海外への進出は日本企業にとって不可欠だった。しかしその成長が著しい程、経営管理や財務ガバナンス、そして基幹業務を含むバックオフィスの改革は後手に廻ってしまうケースが散見される。世界中に散らばった事業拠点でのビジネスの成長と連結グループの全体最適を指向した経営意思決定という一見相反するテーマにどう対峙するのか、バックオフィスの変革にDXの視点からどのようにアプローチし企業価値の向上を目指すのかについて考察する。

櫻田 修一 氏
一般社団法人日本CFO協会 主任研究委員
株式会社アカウンティング アドバイザリー マネージングディレクター
公認会計士

» プロフィール

佐々木 謙一 氏
ミニット・アジア・パシフィック株式会社 経営企画部長
» プロフィール

中島 透 氏
日本オラクル株式会社
クラウド・アプリケーション事業統括
事業開発推進部 ディレクター

» プロフィール

※注意:プログラムの内容は事前のご案内なく変更となる場合がありますことをご了承ください。

お申込み

参加費
日本CFO協会会員 3,300円

特別ご優待
1,100円

一般 5,500円

特別ご優待
3,300円

特別ご優待
ご協賛企業にご登録された情報をご提供することに「同意」頂ける方は
以下の「特別ご優待キャンペーンコード」をお申込みの際に
ご入力いただくと上記の通り参加費2,200円割引となります。

特別ご優待キャンペーンコード HMGSK2021

※お支払はクレジットカード決済のみとなります。

DAY1 満員御礼
DAY1(2021年11月25日(木)開催)のお申込み受付は終了いたしました。

※ご参加方法などのご案内は、開催前にご登録頂いているメールアドレス宛にお送りします。

※本イベントの録音・録画は固くお断りしております。
 また、報道関係者の方につきましては、情報収集目的またはイベント全体の内容を記事等で
 ご紹介される場合を除き、個別の講演者の講演内容を記事等への紹介は固くお断りしております。

DAY2の開催も予定しております。詳細決定次第ご案内いたします。

ご協賛

logo_Oracle

このページの先頭へ