FASS 経済産業省 経理・財務人材育成事業 公式サイトトップ > FASS検定 > 導入事例

FASS検定|導入事例

FASSは、「経理・財務サービス・スキルスタンダード」に準拠した実務検定として約60社に上る企業の経理・財務幹部が集まって作り上げたものです。実証実験での成功に続いて、試験の分析結果からも現場での実務評価との相関関係の高い結果がでていることから、現状の実務スキルの診断や今後の社内教育についての有効な試験として、多くの企業が注目して応援をしています。

※掲載文中の部署名・役職名等は、インタビュー当時のものとなります。

POINT

  • 経理社員のスキルを客観的に把握するために活用
  • 受験する社員に学びの刺激を提供するために活用
  • スコアを把握し、社員教育プログラムの検討に活用
  • ジョブローテーションの材料として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 財務プロフェッショナル育成プログラムの要件資格として活用
  • 各社員がビジネスを俯瞰して見る教育ツールとして活用
  • 部内のコミュニケーション活性化に活用
  • グローバル財務人材育成のベーシックスキル強化に活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 経理のスタンダードを網羅的に学ぶために活用
  • 業務知識習得度の指標として活用
  • 経理部全体の教育強化ポイントの発見に活用
  • 学びのモチベーションアップ材料として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 各社員が苦手分野をチェックするために活用
  • 経理財務部の実務スキルを把握するために活用
  • グループ全体の経理・財務を幅広く見られる人材の育成に活用
  • 中堅社員の実務スキル強化に活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 幅広く、経理・財務の実務スキルを習得するために活用
  • OJTを補完する人材育成手段として活用
  • 各人の知識レベル、スキルの自己診断材料として活用
  • 海外スタッフのスキルアップ材料として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 経理部社員の基礎スキル把握に活用
  • 会社が強化指定した基礎スキル試験として活用
  • スキル習得のモチベーションアップ材料として活用
  • 上司、人事部門で試験結果を共有し、育成の参考として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 教育の標準的目標点を設定するために活用
  • 社員のレベルをモニタリングするために活用
  • 知識、スキルの自己診断材料として活用
  • 会計システムなど業務基盤の設計に活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 「体系的」「網羅的」「標準的」な経理教育ツールとして活用
  • OJTの精度を高める教育ツールとして活用
  • メンバーへのキャリア指導材料として活用
  • レベルアップへのモチベーションアップ材料として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 経理人材の能力識別のために活用
  • 経理・財務教育の弱点分野洗い出しに活用
  • 人事ローテーションの材料として活用
  • 社員の自発的スキルアップの機会として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 経理関連人材の全体スキルを把握するために活用
  • スコアで知識レベルを測る自己診断ツールとして活用
  • 受験者の学びの刺激を誘発するために活用
  • 国分グループ全体の経理レベル向上のために活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 経理・財務の周辺知識のレベルアップツールとして活用
  • 知識の吸収により、上場企業担当者とのコミュニケーションアップに活用
  • 自己診断により弱点を把握し、さらなるスキルアップの材料として活用
  • グループ全体のコンサル力向上のために活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 各事業所の経理責任者養成ツールとして活用
  • 経理スキルを能動的に学ぶための材料として活用
  • 事務系スキルを底上げするために活用
  • 全社員のキャリアアップ支援として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • スタンダードな実務スキルの習得のために活用
  • OJTを補完する教育手段として活用
  • スキルアップへの刺激と動機付けとして活用
  • 教育や評価のあり方を見直す材料として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 経理・財務のスタンダードを学ぶために活用
  • 広く世間一般に通用する標準の理解度を測るために活用
  • 自己診断の材料、モチベーションアップ、スキルアップの材料として活用
  • 受験者と上司とのコミュニケーションの材料として活用

» 詳細はこちら

POINT

  • 自分自身の現状を客観的に把握するために活用
  • 全スタッフの専門性を高めるために活用
  • グローバルに通用する、経理・財務の幅広い知識を習得するために活用
  • キャリアパスや育成方針の参考として活用

» 詳細はこちら

ページの先頭へ